首都圏と関西に規模が大きく整備された5霊園を経営

墓園普及会について はじめに

クリスマスツリー
入間メモリアルパークの彫刻作品

公益性・永続性を理念として
当財団は1969(昭和44)年、埼玉県において、
「財団法人狭山湖畔霊園」として誕生しました。
1979(昭和54)年に全国法人に改組し名称を
「財団法人墓園普及会」に変更、さらに2012(平成24)年には内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受けて「公益財団法人墓園普及会」と名称を変更しましたが、設立以来今日まで、一貫して積極的な事業活動を推進してまいりました。
現在では、首都圏と関西に、規模が大きく整備された5霊園を経営しています。
1960年代から1980年代にかけて、わが国では経済成長による人口の都市集中と核家族化に伴って墓地需要が急速に拡大、とりわけ大都市圏では墓地不足が深刻な社会問題にまでなるほどでした。当財団は、このように墓地需要の逼迫した時代に発足し、時代のニーズに応え、墓所を求める人びとに対して良質な環境の霊園を提供してまいりました。
1990年以降、経済成長の減速に伴い、霊園事業は墓地の供給より、先祖を偲ぶ場所としてふさわしい環境を求められるようになりました。このようなニーズの変化に対応し、当財団も墓地の供給から霊園環境の充実に重点を移し、墓所使用者に今まで以上に満足してご使用いただける環境づくりとサービスの拡充に努めております。
霊園事業の使命は公共性と永続性にあります。今後も公共性と永続性を経営理念とし、使用者が永代にわたって安心して墓参できる霊園環境の保持に努めてまいります

メモリアルタウン憲章
霊園は、私たちの住む街と同様、同じ区域に多くの墓地使用者のご先祖が眠る、いわばメモリアルタウンです。当財団では、墓所使用者と霊園管理者が協力してご先祖の住みやすい街にしようという精神を骨子とした「メモリアルタウン憲章」を制定し、使用者・管理者一体となっての快適な霊園環境づくりを行っています。

コンプライアンス(法令遵守)
当財団は、公共性を持つ霊園事業を営む公益財団法人としての自覚を強く持ち、職員の意識向上・問題発生の未然防止を図り、法令・諸規則・社会倫理を遵守する体制づくりに取り組んでいます。

個人情報保護方針
当財団が墓所使用者から取得した個人情報は墓所使用者の大切な財産であるという認識のもとに「個人情報保護方針」を定め、個人情報の管理に関して職員全員がこれを遵守し、適切な取り扱いに万全を期しています。

バリアフリーへの環境整備
急速な人口の高齢化に伴い、高齢者が安心してお墓参りのできる霊園環境が求められています。当財団では、自分の墓所の近くまで車でアクセスできるように駐車場を増設、車椅子でもお墓参りができるように幹線参道を舗装、階段に手すりを増設するなど、高齢者や障害者が快適にお墓参りができるよう環境整備に努めています。